女性の除雪機に対する不安

「エンジンのかけ方が複雑で覚えにくい」
「周りにぶつけたりしないで上手く操作できるか不安」
「操作には力もいるんじゃない?」
「燃料補給がきちんとできるか不安」
「何かが詰まったり、動かなくなったり、トラブルの時にどうしていいか分からない」
「メンテナンスも分からないし面倒」

そのような女性の悩みに、できるだけ応えようとメーカーでも努力しており、また進歩もしています。

女性視点で選んだときの除雪機と、その理由について解説します。 体力に自信が無くなってきた年輩の方にも参考になるといいですね。



多機能じゃないからシンプル操作!小型除雪機

多機能だと操作は複雑になりがちです。 だからこそ、機能が少ないことで、操作がシンプルで、ときどきしか使わない女性やご年配の方でもスムーズに使えます。

※【ご利用での注意】一覧表に記載の仕様や価格は、できるだけ正確な情報の掲載に努めておりますが、正確性を保証するものではありません。また調査時点のものです。その後、仕様変更、価格変更されている可能性もありますので、ショップサイトにて確認いただけますようお願いします。ご購入に関しては自己責任にてお願いします。当サイトは一切の責任を負いません。

このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。

除雪車の雪
道路を除雪していく除雪車の雪が家の前に置かれていることは積雪地ではあるあるです。朝の忙しいときにこの締め固まった雪をどかす必要があります。放置すると見た目もみっともないですし、雪の塊のために車を出すこともできません。ただ積もった雪と違って硬くて重い片付けに疲れる雪なのでした。

除雪のケガ
除雪中にするケガは小さなものから、命に関係するほど大きなものもあったりします。落雪・落氷、除雪機に関わる事故に伴うものもあります。非常に疲れる作業で、厳しい寒さの中等のコンディションで、集中力が低下してケガすることもあります。気を引き締めて作業することが大事です。

リッチな融雪/やむをえず除雪※融雪と除雪業者を比較分析
手に余る雪への対応について「融雪派」と「除雪を頼む派」に分かれて言い分をまとめてみました。雪は降る年もあれば、降らない年もあります。積もったときだけ対応する「除雪」なら、金銭的にも敷居も低く選ばれやすいです。でも大雪で依頼が集中したときにはトラブルも。一方「融雪」は費用はかかりますが、雪かきや雪下し.....

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。


(スポンサードリンク)

除雪業者選びの前に

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

新潟県

富山県

石川県

鳥取県

運営情報

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2011-2019 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved