どんなトラブルや問題があるか

頼みたい時に業者が見つからない
 除雪を頼みたい時期は集中しやすいです。 そのため除雪を頼みたいときに、なかなか対応できる業者が見つからないということがよくあります。

値段はいくら?ぼったくられない?
 特に初めて頼む人や、たまにしか頼まない人の場合、金額が不安で依頼できない人も多いです。 なお繁忙期は、作業上の都合もあり高めになることもあるようです。

作業で何かが壊れることも
 雪下ろしや除雪作業では、窓ガラスや壁、植木、車などなどが壊れたり、傷ついたりする場合もあります。

道路に雪の塊を落としたまま・・
 頼んだ除雪自体は卒なくこなしても、その雪を隣接する舗道や道路にこぼしたり、塊を落としても知らんぷりしたりと、モラルを疑いたくなるような場合もあるようです。

シーズン契約での注意
 業者が能力以上の契約をとり、大雪の際に契約どおり除排雪が行われなかったという問題も実際に起こっています。




納得の業者を見つける難しさ

まずはトラブルや問題を起こさない、信頼できる業者である事が一番です。 その上で業者に求めたいポイントは次の4点でしょう。

(1)仕事がはやくて、丁寧であること
(2)頼みたい日時に頼めること
(3)しっかり要望などを聞くこと
(4)安いこと

業者が忙しい時期ほど、この4点のうち、どれを優先させるか、どの部分を妥協するかを考えながら業者を選ぶことになります。

大雪などで依頼が集中した状況では、業者選びがそもそもできず、対応できるところに頼むしかない場合もあります。

業者を選ぶ段階では、これら(1)~(4)を納得して判断するのに十分な情報が得られない場合がほとんどです。

(2)と(4)については電話でもある程度聞き取ることができるかもしれません。 でも、(3)については電話で受付けた人と、作業にきた人では印象が違うかもしれません。

(1)については、あてにできる人づての評判がある場合や、実績で判断できれば理想ですが、実際には多くの場合、選ぶ段階では分かりません。

除雪や雪下ろしの仕事の良し悪しは、どうしても作業する人に左右される部分が多いです。

丁寧に仕事をする人かどうか、経験や技量なども関係します。 さらに重労働が伴うだけに体力も大事です。

仕事が雑だと、雪が残っていたり、何かが壊れていたりなどのトラブルの原因になりかねません。




業者選びのポイントとヒント

業者選びで失敗しないために、そして、できるだけ納得して業者を選ぶために、ポイントとヒントをまとめました。 できる範囲で注意すれば、それだけ満足の業者選びに近づけると思います。

早めに調べる
大雪などの後では、依頼が集中して、対応できなかったり、十分な受け答えをしてもらえないこともあるでしょう。

電話でいろいろ聞く
「いつできるか?」「どこまでやってもらえるか?」「金額は?」などのほか、「除雪前にしておかなければならないこと」「作業で何か壊れた場合」「ケガした場合」など気になる事を聞いてみましょう。質問にしっかり答えてくれるかどうかが、業者の対応を見極める材料にもなるでしょう。

複数の業者に問合せてみる
 自分では満足していたことでも、他の業者に聞いたらもっといい方法がある場合もあります。 一方で、ある業者で聞いて腹が立った回答でも、他の業者にも聞いてみたら妥当な回答であることが確認できたりということもあります。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

匿名・無料で提案・見積をもらって融雪業者を選ぶ方法
融雪・消雪は業者選びが重要。融雪はボイラー(灯油・ガス)、電気、地下水、ヒートポンプなどの種類があります。屋根、地面、融雪槽・融雪機など用途によってもいろいろ。業者によって得意・不得意があります。匿名・無料で業者から見積や提案が受けられれば、そのタイプがいいのかも納得でき、もっと納得・安心して業者が.....

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。

除雪車の雪
道路を除雪していく除雪車の雪が家の前に置かれていることは積雪地ではあるあるです。朝の忙しいときにこの締め固まった雪をどかす必要があります。放置すると見た目もみっともないですし、雪の塊のために車を出すこともできません。ただ積もった雪と違って硬くて重い片付けに疲れる雪なのでした。

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。

雪捨て場の問題
市街地では雪捨て場にこまるところが多いです。今は大丈夫でも、空地に建物ができたり、田畑が住宅になったり、変わることもあります。流雪溝が進んだ地域でも、排雪する時間帯が決まっていることもあり、仕事の関係でなかなか難しいという人もいるようです。


(スポンサードリンク)

除雪業者選びの前に

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

新潟県

富山県

石川県

鳥取県

運営情報

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

新しいエクスペリエンスを与えてくれる
Copyright © 2011-2016 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved