除雪の依頼:その都度か?シーズンか?

除雪業者によって、その都度頼む場合と、あらかじめシーズンで契約する場合があります。 シーズン契約の場合は定期的に除排雪するという契約。雪が少ないときには、損な気もしますが、雪が多い年には業者探しで慌てることもなくなるので安心です。

ただし過去には、業者の想定をはるかに超えた大雪で、契約世帯を約束どおり回りきれずに、除雪がほとんど行われなかったという問題も発生しています。

シーズン契約を検討するときには、業者の実績や信頼についても検討することが大事です。

機械か人力か

除雪業者には人力を主体とする業者のほか、重機も使える業者もあります。

一般的には建設業が、冬の間、除排雪も請け負う場合も多いので、重機を使って規模の大きい除雪にも対応することも多いです。

一方で、一般家庭の場合、重機では除雪が困難な狭い場所なども多かったりで、案外人力のほうがいい場合もあります。

排雪について

雪下ろしだけなどで排雪が不要の場合、トラックが不要となり、その分安く作業が頼める場合もあります。

逆に、排雪のみを取扱うことで、コストを下げている業者もあります。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

除雪業者選びで失敗しないためのポイント|雪下ろし・除雪・排雪
除雪や排雪、雪下ろしの業者を選ぶ前に、どんなことがトラブルになりやすいか?どういうことを考えて業者を選ぶか?などポイントについて整理しました。業者選びで失敗しなたために一読することをおススメします。.....

雪捨て場の問題
市街地では雪捨て場にこまるところが多いです。今は大丈夫でも、空地に建物ができたり、田畑が住宅になったり、変わることもあります。流雪溝が進んだ地域でも、排雪する時間帯が決まっていることもあり、仕事の関係でなかなか難しいという人もいるようです。

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。

匿名・無料で提案・見積をもらって融雪業者を選ぶ方法
融雪・消雪は業者選びが重要。融雪はボイラー(灯油・ガス)、電気、地下水、ヒートポンプなどの種類があります。屋根、地面、融雪槽・融雪機など用途によってもいろいろ。業者によって得意・不得意があります。匿名・無料で業者から見積や提案が受けられれば、そのタイプがいいのかも納得でき、もっと納得・安心して業者が.....


(スポンサードリンク)

除雪業者選びの前に

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

新潟県

富山県

石川県

鳥取県

運営情報

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2011-2019 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved