あなたに最適な融雪を見つけたい

融雪(消雪)には、用途や熱源などによって様々なタイプがあります。 そして、全てタイプの融雪を得意とする業者はありません。

そのため、先に業者を選んでしまうと、あなたのニーズに最適な融雪が選べない場合もあります。

例えば地下水が出やすい地域では、井戸を使った消雪が経済的で最適かもしれません。 しかし、深く井戸を掘らないといけない地域では、井戸工事とポンプの費用が高くなり、ボイラーのロードヒーティングのほうが工事費が安くなることもあります。

雪庇やつらら、屋根の雪が悩みの場合、電気ヒーティングが使いやすく便利かもしれません。 でも場合によっては、不凍液を循環させるボイラータイプのほうが有利になる場合もあります。

匿名・無料で業者から提案や見積をもらう方法

最適な融雪を見つけるには、以前なら業者を探して、自分の要望を伝え、提案や見積を受けるということを、納得の融雪を見つけるまで繰り返さなければなりませんでした。

でも今なら、匿名・無料で業者から、あなたの要望にあった提案や見積をもらえるサービスがあります。

普通なら業者を、自宅に呼んでからしかもらえないような提案も、匿名で無料で確認できるので、提案内容を見てから納得の業者が選べます。

こちらのサービスです。「融雪見積お助け.com」。

融雪は信頼できる業者選びが重要

融雪は決して安いものではありません。 年々の費用は除雪よりも有利になることも多いですが、除雪と違い融雪を設置する際に工事費がかかります。

一年のうち積雪期だけ、しかも厳しい条件の中で、期待通りの運転ができなくては意味がないです。 そのため、安いだけの業者では困ります。

製品や工事の信頼性はもちろん、メンテナンスのことや、想定を超えるような大雪での相談など、安心してつきあえる業者を選ぶ事が大事です。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

雪捨て場の問題
市街地では雪捨て場にこまるところが多いです。今は大丈夫でも、空地に建物ができたり、田畑が住宅になったり、変わることもあります。流雪溝が進んだ地域でも、排雪する時間帯が決まっていることもあり、仕事の関係でなかなか難しいという人もいるようです。

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。

リッチな融雪/やむをえず除雪※融雪と除雪業者を比較分析
手に余る雪への対応について「融雪派」と「除雪を頼む派」に分かれて言い分をまとめてみました。雪は降る年もあれば、降らない年もあります。積もったときだけ対応する「除雪」なら、金銭的にも敷居も低く選ばれやすいです。でも大雪で依頼が集中したときにはトラブルも。一方「融雪」は費用はかかりますが、雪かきや雪下し.....

除雪車の雪
道路を除雪していく除雪車の雪が家の前に置かれていることは積雪地ではあるあるです。朝の忙しいときにこの締め固まった雪をどかす必要があります。放置すると見た目もみっともないですし、雪の塊のために車を出すこともできません。ただ積もった雪と違って硬くて重い片付けに疲れる雪なのでした。

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。


(スポンサードリンク)

除雪業者選びの前に

北海道

青森県

岩手県

宮城県

秋田県

山形県

福島県

新潟県

富山県

石川県

鳥取県

運営情報

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

新しいエクスペリエンスを与えてくれる
Copyright © 2011-2016 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved