雪下し・除排雪業者の方へ(無料掲載について)

当サイト「みんなの除雪」では、積雪地方の冬の悩みである「雪」について、悩み解決の力になれるサイトを目指しております。

雪下しや除雪、排雪は依頼したくても、どこに頼めばいいのか分からない方は意外に多いです。 また、せっかく業者を見つけても、予想外の値段に驚く方も少なくないです。 ぼったくりの悪徳業者は許せませんが、案外必要な費用なのに、業者の説明不足や、お客様の誤解によって不満になっているケースも多いようです。

雪下しは危険を伴う作業ですし、除雪や排雪は作業が集中しやすく機械や人の手配が難しくなることの多い仕事ですが、お客様には単純な力仕事程度にしか認識されていない場合も少なくないようです。 特に労働に対してお金を払うという場面の少ない、お客様にはその傾向があるようです。

このサイトは、お客様の正しい理解と、そして誠実な業者への橋渡しができるよう、その役割を果たすことが使命だと考えております。

お客様の理解を得るには、対応される業者の方の説明も大切だと思います。 ですので、当サイトに掲載をご希望される方は、このようなサイトの趣旨に賛同いただける方とさせてもらいたいと思います。 もし、不誠実な事実などを確認した際には、当サイトの判断により削除させていただきます。
(ただし、このことにより業者の調査を当サイトが保証するものではなく、つまり掲載業者の全てが優良業者であることを保証するという意味ではありません。悪質な業者の排除には努めますが、ご利用はお客様の自己責任で判断いただきます。)

掲載は無料です。 掲載希望の方は、以下のフォームか、メール(:スパムメール対策のため画像とさせてもらってます。)にて、「事業者名」「電話番号」「住所」「メール」「ホームページ」「対応できる作業内容(雪下し、除雪、排雪など)」「対応できるエリア」「営業日・時間」「代表者」「担当者」「その他の情報(使用器機、保険など)」をお知らせください。情報が詳しいほど、お客様が安心して検討できると思います。
なお、メールの件名は【みんなの除雪掲載希望】でお願いします。

ところで、業者一覧表で掲載できる情報には限りがあります。 お客様が依頼するか?しないか?を判断するのに役立つ情報を、たっぷり紹介するために、御社の専用ページの作成もできます。 専用ページの詳細は コチラ からどうぞ。

掲載希望フォーム

Powered by NINJA TOOLS

このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

除雪業者選びで失敗しないためのポイント|雪下ろし・除雪・排雪
除雪や排雪、雪下ろしの業者を選ぶ前に、どんなことがトラブルになりやすいか?どういうことを考えて業者を選ぶか?などポイントについて整理しました。業者選びで失敗しなたために一読することをおススメします。.....

雪捨て場の問題
市街地では雪捨て場にこまるところが多いです。今は大丈夫でも、空地に建物ができたり、田畑が住宅になったり、変わることもあります。流雪溝が進んだ地域でも、排雪する時間帯が決まっていることもあり、仕事の関係でなかなか難しいという人もいるようです。

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。

匿名・無料で提案・見積をもらって融雪業者を選ぶ方法
融雪・消雪は業者選びが重要。融雪はボイラー(灯油・ガス)、電気、地下水、ヒートポンプなどの種類があります。屋根、地面、融雪槽・融雪機など用途によってもいろいろ。業者によって得意・不得意があります。匿名・無料で業者から見積や提案が受けられれば、そのタイプがいいのかも納得でき、もっと納得・安心して業者が.....

Copyright © 2011-2016 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved