専用ページで自社を紹介したい業者の方へ

当サイト内に御社の専用ページを作成し、紹介したい内容を、たっぷりと掲載することができます。

雪下ろしや除排雪を依頼したいお客様が、業者を選ぶとき、 あるいは、問合せの電話を掛けるとき、 名前や住所、対応可能な作業内容などの情報だけでは、安心して判断することが難しく、躊躇したり、後回しにしてしまう方も多いです。

「どのような仕事をするのか?雑な作業はしないか?」
「疑問にはしっかり分かりやすく答えてくれるか?」
「しつこい営業をしてこないか?」
などのお客様の不安に応える情報があれば、もっと安心して問合せや依頼の電話ができます。

お客様の疑問や不安に答えるためには、業者一覧に掲載できる程度のコンパクトな情報だけでは不十分です。 もちろん、それだけの情報でもどんどん問合せできるお客様もいらっしゃいますが、多くのお客様は、電話する前に、もっと詳しく知りたいと思うでしょう。

専用ページを利用することで、お客様の疑問に答える、情報をたっぷり紹介することができます。

自社サイトをお持ちでない場合でも、当サイトの専用ページを利用すれば、サイト開設や運営などの煩わしい手間を省きつつ、手軽にインターネットからのお客様に自社をPRし、問合せやご依頼を受けることもできます。

自社サイトをお持ちの場合でも、冬限定の仕事となる雪下ろしや除排雪に関するコンテンツは、主たる業務内容との整合がとりにくい場合もあります。 そんなとき、当サイトの専用ページを利用することで、手軽にインターネットからのお客様に、雪下ろしや除排雪の業務についても、しっかりたっぷりとPRすることができます。

このサービスについては、作成と掲載を有料とさせていただきます。(現在サービス開始を準備してます。) 作成・掲載希望の方は、以下のフォームか、メール(:スパムメール対策のため画像とさせてもらってます。)にて、「専用ページ希望」の旨と、「業者名」「電話番号」「住所」「メール」「担当者」をお知らせください。こちらから、詳しい内容をメールいたします。

料金については、ページ作成の際に1,000円、そして1年間の掲載(その間の軽微な修正を含む)で1,000円とさせていただく予定です。

ご希望の方は、メール(:スパムメール対策のため画像とさせてもらってます。)にて、「事業者名」「電話番号」「住所」「メール」「担当者」などをお知らせいただきたいと思います。詳しい内容をメールにてお送りいたします。
なお、メールの件名は【みんなの除雪/専用ページの詳細質問】でお願いします。



このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

除雪業者選びで失敗しないためのポイント|雪下ろし・除雪・排雪
除雪や排雪、雪下ろしの業者を選ぶ前に、どんなことがトラブルになりやすいか?どういうことを考えて業者を選ぶか?などポイントについて整理しました。業者選びで失敗しなたために一読することをおススメします。.....

雪捨て場の問題
市街地では雪捨て場にこまるところが多いです。今は大丈夫でも、空地に建物ができたり、田畑が住宅になったり、変わることもあります。流雪溝が進んだ地域でも、排雪する時間帯が決まっていることもあり、仕事の関係でなかなか難しいという人もいるようです。

雪下ろしと基準
建物には設計積雪深というのがあり、ある程度の積雪になったら雪下ろししないといけないです。建物の構造が際限なく積雪に耐えるものを作ろうとしたら、とんでもなくコストが上がるため、地域の実情をみながら建築基準法で、このくらいまでという基準があります。多く降る所には厳しい条件となっています。

雪の状態
淡雪、薄雪、粉雪、細雪、どか雪、べた雪、ぼたん雪、綿雪など、雪の状態を表す言葉にはいろいろあります。たま雪、はい雪、もち雪、みず雪などの表現もあります。それぞれ雪が見せる表情の違いに合わせた表現になっています。一口に雪といっても様々ですね。

匿名・無料で提案・見積をもらって融雪業者を選ぶ方法
融雪・消雪は業者選びが重要。融雪はボイラー(灯油・ガス)、電気、地下水、ヒートポンプなどの種類があります。屋根、地面、融雪槽・融雪機など用途によってもいろいろ。業者によって得意・不得意があります。匿名・無料で業者から見積や提案が受けられれば、そのタイプがいいのかも納得でき、もっと納得・安心して業者が.....

Copyright © 2011-2016 除雪業者探し・選び【みんなの除雪ガイド】除雪・排雪・雪下ろし業者を地域毎に. All rights reserved